2018年08月28日

夏の一日

最近すっかりSNSチェックに追われてブログの存在を忘れていました…あせあせ(飛び散る汗)

夏も終わりを感じさせる8月最終週、
昨日は戻り猛暑もあり海岸ビールを満喫してきました黒ハート

友人の住む葉山一色海岸はなんといってもサンセットが最高ぴかぴか(新しい)
昨日は夕日に照らしだされた富士山が日没直前に出現する神々しい光景を見ることができました。

IMG_3209.jpg

帰りは逗子駅前でハートランドとギネスの比重を利用した素敵なハーフ&ハーフで乾杯ですビール

IMG_3216.JPG
posted by lovebeer at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年08月20日

「粋」な履物

夏祭り、花火大会と最近浴衣に下駄姿の若者がたくさん見かけますねぴかぴか(新しい)

先月行われた老人保健施設の夏祭りイベントでも
利用者さんの中には浴衣姿でバッチリ決めてくる方もいらっしゃったのですが
転倒防止のため「下駄」の着用が禁止されました
浴衣で祭りに臨もうという「粋」な方にとっては
思わずお顔が渋くなる提案だったようです

そもそも「下駄」って危ないんでしょうか?

二枚刃の下駄を見ても立ってる分には全く不安定感はありません

そして歩くときつま先のほうが自然に下がって
実に無理なく快適に重心を前に移動してくれます

※下駄の歩き方
http://www.getaya.org/wakaba.html

フラットなシューズ、高さがない分
力を使って重心を前に移動するようになってないでしょうか?
ということは筋力が弱くなってつまづきやすくなるのはもしかしてフラットシューズのほう?!
(二枚刃の下駄のつま先は地面にはついていません!)

実際に二枚下駄を履いてみて…
自然に足が前に出るのでコアの筋肉が働いてる感じです
靴生活のおかげで軟弱になっている足指や足首に今までにない疲労感がありました
そしてびっくりしたのが下駄を脱いだ時の感覚
足のアーチがくっきり感じられて、足の裏が柔らかく床に接してくれます
足のアーチは靴に作ってもらうのではなく自分で作るものなんですね!

下駄に関心を持ったのは
神田の介護予防教室にて江戸っ子達の「いい足」を見たから
「偏平足とかないわよね」
すごいです…実に「粋」

介護度よりも「粋」度を高齢者の健康尺度に採用してほしいと思っている今日この頃です


posted by lovebeer at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年05月06日

心と身体の自然体

先日は
坐禅会でお世話になっている藤田一照さんと
ロルファー仲間の藤本靖さんのコラボ講座を受けに
フィットネスセッションへ行ってきました

「心と体の自然体をつくる」
と題されたこの講座では

自分の内側と外側のバランスの良いところ
=自己調整機能の働くところを
坐禅やボディーワーク的な介入を通して深めていきましたぴかぴか(新しい)

腑に落ちるところ満載な3時間でしたが
ボディーワーカー兼運動指導員の私としては

感覚神経への情報としての
Out-PutとIn-put
のトピックは目から鱗目

運動指導やセッションでは「何かすること」Out-Putを
たくさん与えることが「仕事」というのが多くのプロの認識
なのではないかと思うのですが

実はホントの仕事ってクライアントや参加者の
反応や動きをジャッジすることなく
待って、感じる…In-Putできるところに
プロとしての価値があるexclamation

前者が、強為(ごうい)強いて行う行為で
後者はまさに禅で目指すところの云為(うんい)
自ら為る自然のままの動作、身体の自然体に寄り添うというありかたではないかっexclamation

まずは
開眼(外からの感覚)と閉眼(内側の感覚)の中間
「半眼」で心地よく坐ることを通じて
自分の感覚のニュートラルを深めていこうと思いますわーい(嬉しい顔)


posted by lovebeer at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年03月29日

ありがとう

3/29(金)皆様今年度のお仕事締めくくりだったのではないでしょうか?

私も介護予防の集団レッスンは今日で今年度が終わりました手(パー)

最後の仕事は今年度から始まった老人ホームでの体操
各施設の利用者さんと楽しく体操させていただきながらも
運動指導員として色々な「気づき」をいただきましたぴかぴか(新しい)

午後の体操前、車椅子車椅子に乗った女性利用者の方がスーっと近づいてきて

「わたしは5年前に脳梗塞をやって左側がダメなんだけどいつも楽しく体操させてもらってます
普段ほとんど身体を動かさないんだけど身体を動かすのは大事ですね」

といって
膝の上のタオルに大切に包んだ「みかん」をくださいました
(年配の方のこういった何気ない所作はほんとに素敵ですぴかぴか(新しい)

三次予防(要介護認定を受けている方に対しての介護予防)
に関わりはじめてから今までに経験したことのないくらいたくさんの
「ありがとう」いただきました揺れるハート

この「ありがとう」はホントにかけがえにない財産
今や自分の「リソー」スになってますグッド(上向き矢印)

私も人生そろそろ折り返し
(うちは結構長生き家系なんですたらーっ(汗)
これからは「ありがとう」の気持ちは積極的に表現していかなきゃ!と思っております

「ありがとう」が世代や立場を超えて巡ってみんなが楽しくなれるといいな〜と願いつつ
今夜は小さ目の甘いミカンと白ワインで乾杯ですバー



posted by lovebeer at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年03月14日

恐怖の木の芽どき

介護予防運動指導員にとって魔の季節
春がやってきましたあせあせ(飛び散る汗)

この「木の芽どき」とにかく
血圧が運動OK値にならないなど
体調が安定しない方が多いですバッド(下向き矢印)

最近はカラダが自然のままに調整している時期と思って
あまり数値など気にしないで気持ちの良いことだけやりましょうってことにしてます

というのも

先日参加した「禅的身体論」の講座より
生活しているカラダ(意識できる動きや感覚ってことかな)はホントに氷山の一角
その裾野で働いているカラダ(無意識で調整しているカラダ)は無限の広がりをを持っった大自然の事実なのです

バイタルチェックは大切だけど数値に囚われてしまいすぎるのは自分の身体だけを環境と切り離してしまうことになっちゃうのかなって思います
魚と水が切り離せないように
空気やら重力やらもひっくるめての「人」であり「身体」

気圧の変化のなかでうまくやってくれているカラダの働きに感謝しようではないすかexclamation

そんな訳で今日は焼酎の黒じょか直燗で乾杯ですビール



posted by lovebeer at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年03月06日

最新鋭な「おじいちゃん」

ipad、ipad mini、電子書籍リーダー
どれもイマ喉から手が出るほど欲しい最新の機器ぴかぴか(新しい)

これらを初めて見たのはいずれも
介護予防通所リハビリテーションの現場なのです車椅子
しかもユーザーは利用者であるS井さん(82)
心不全をはじめとしたご本人いわく病気のデパートな方です病院

老人保健施設に所属してもっとも変わったのが
要介護認定を受けた高齢者のイメージ
身体状況などの面において他者のサポートが必要というところはありますが
どのかたも実にユニークな存在感をお持ちで周りをハッピーにしてくださいますハートたち(複数ハート)

いくつになっても、身体状況が変わっても
個々のリソースは失われないどころか死ぬまで進化し続けるものなんだなぁと実感猫

一般的に歳をとって周りを不幸にしているのが
「せっかち」ダッシュ(走り出すさま)
身体的に余裕がなくなるせい?
効率優先社会に生きてきたせい?
他の選択肢がない?

体調がすぐれず運動プログラムがあまりできない時でも
S井さんは優雅なフリック動作で読書を楽しまれています本

かといって自分の世界に閉じこもっているのとは正反対で
S井さんの周りのお席では、私などではついてゆけない社会派な話題で盛り上がっています手(グー)
(男性という社会的な生き物に惚れ直してしまう瞬間です)

そんなS井さんが所属されている「コンピューターおばあちゃんの会」

http://www.jijibaba.com/welcome/index.html

パソコンを使って孤立しないで仲間をたくさん作っていきましょうカラオケ
というコンセプトの元で様々な活動をされていらっしゃるようです

近代の機械化による身体活動の低下や精神的ストレスを低減させることが「健康運動」とされていますが
こんな自然発生的な会、人と人とのつながりをいつまでももてるための支援としての「健康運動」について考えていきたいなぁと思う今日この頃であります目






posted by lovebeer at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年02月26日

キネスフィア

今日の午後は老人ホームでのお仕事
こちらの入所者の皆さんは大変熱心で
リハビリ体操へは毎回30名以上かたがの参加してくださいます手(チョキ)

老人ホームと地域の健康教室の最大の違い

前者ではなぜか座席は手すりがピッとくっつくくらい近くに設置されています
後者は運動指導員が座席設置をするのでたいてい運動時に接触のない程度の「空間」を設定します

今日の施設さんは参加人数が多いせいか毎回、隣同士ピタッ〜と密着
矢状面を使った動きのバリエーションが大分増えました(笑)

解剖学の用語に矢状面、水平面、前額面なんて言葉があります
(前後、上下、左右みたいな…)
これは身体のつくりにおいて可能な動きの方向で
この3Dの中でヒトの動きは定義できます

なんですが
ここで言いたいのは身体の作りの話ではなくて
そもそも横方向に四肢を動かす感覚があれば椅子をそんな風に置いたりしないのかなぁと
(運動指導員は結局自分の感覚でやってるところありますからね)

ここで言った動かす方向への「感覚」これがキネスフィアぴかぴか(新しい)

ロルファーは身体を見るときにこのキネスフィアの生き生きとした広がりを見たりしてます

たまごが先かにわとりが先か、
身体が動かなくなるから動かない方向の感覚がなくなるのか
身体を動かすことのできる方向にたいする感覚がなくなってくるから身体が動かなくなるのか

いずれにせよ
高齢者に「生き生きと動いていただきたい」と思ったら
このキネスフィアの問題はとっても大事っ
ボディーワーカーとしてはたとえ片麻痺があろうが神経難病があろうが
まずはどの方向へも動くことのできる可能性は作っておきたいのです

見た目の動きが小さくても
その人の意識が少しでもいろんな方向へ行けるように
動きや環境などを提供していきたいと思っておりますexclamation

キネスフィアについてロルファー仲間のyukiちゃんのブログ記事を合わせてご覧いただくと面白いですよわーい(嬉しい顔)

http://ameblo.jp/rolfer-yuki/entry-11085586674.html

どの世代にとってもこの「キネスフィア」大事ですね黒ハート


posted by lovebeer at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年02月25日

介護予防運動指導員

ホントに久々にブログを更新たらーっ(汗)

そんな間にも運動指導員のキャリアはどんどん積み重なり
今は介護老人保健施設や老人ホームの利用者様を対象とした
集団リハビリテーション体操をメインに活動しています

(もちろん本職はロルファーですっexclamation

介護施設ではご家族から大切なおじいちゃん、おばぁちゃんをおあずかりしているというミッションがあります

なおかつ利用者ご本人の意思というところの狭間で
いかに日々の体操のなかで自分の「生きる力を発揮していただけるか」を大事にしていますぴかぴか(新しい)

が、ぶっちゃけはダッシュ(走り出すさま)

安全第一でなおかつ楽しいく
人手はなるべく少なく(笑)
利用者を一括に集められる「体操」の時間は忙しい介護職の方にとって非常に有用な時間です

「介護予防運動指導員」
運動のプログラムと同じくらい、いやそれ以上に大切なのは
施設の事情を察知して介護職やPT、OTなどのリハスタッフとチームになって
サービスを提供していくことではないかと思います

椅子から腰を持ち上げる動きは運動としては有用ですが
周りのスタッフの承認を得ずにやっちゃったりすると…
大変なことになりますあせあせ(飛び散る汗)

倒さず、居眠りさせず、全身をまんべんなく動かす
そんな介護予防運動プログラムの現場事情なども少しずつシェアさせていただければと思っております手(グー)

今日は新しく出たYEBISU 「ジョエル・ロブション」で乾杯ですビール







posted by lovebeer at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2010年04月25日

フェルデンクライス・メソッド

昨日土曜日は横浜で実に10年以上ぶりに
フェルデンクライス・メソッドATMを受けてきましたぴかぴか(新しい)

先生は長く運動指導員としても
活躍されていたという
@YOKOHAMASANこと増井さん
http://happy.ap.teacup.com/yokohamasan/

何気ない世間話から始まったレッスン
楽しい会話の中にフェルデンクライス・メソッド
の大事なエッセンスがたくさん入っていて
増井さんの身体に関する知識の深さを
感じました

腕を持ち上げる動きでは
肩甲帯と仙腸関節が実に親密に関係している
ことを身をもって痛感

実は苦手だった背骨を弓のように
頭側からと仙骨側から持ち上げていく
動きも昔より味わって楽しむことができましたるんるん

帰りは地面を心地よく感じることができて
思わず横浜で一杯ビール
カラオケまでして帰ってきてしましました(笑)

身体の動きはもちろん
なんだか普段の生活まで楽しくしてくれる
フェルデンクライス・メソッドATM
オススメですハートたち(複数ハート)

posted by lovebeer at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2010年04月18日

ピンピン、コロリ。

ピンピン、コロリ。

またまたのご無沙汰ですあせあせ(飛び散る汗)
タイトル「ピンピン、コロリ。」に惹かれ、
久々に帯津良一先生の本を読みました

介護予防運動のキーワードともいうべき
ピンピンコロリ
最後まで健康で病まずにコロリと逝きましょう
という意味なのですが
運動なんかはピンピンのほうへの働きかけになると
思うのですがコロリのほうへの働きかけって
どうなんだろう?

そんな疑問に答えてくれる本でした

結局人間は最後みんな「死」を迎えることを
前提に「生と死」を統合させる生き方をしましょう
というお考えに共感
「アンチエイジング」になんとなく違和感をおぼえて
いたのでこれまた目からウロコの一冊でした。

「運動」も「ボディーワーク」も
自分にとってよりよい死を迎えることが
できるように
「いのち」のエネルギーを高めていく
手段なんですね。

「ときめき」も「いのち」のエネルギー
高めてくれるそうです

今夜は「ときめき」のビールビールをいただきま〜す揺れるハート



posted by lovebeer at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2010年03月11日

3点〜4点健康法?

3ヶ月単位で実施している介護予防運動教室は
最初に運動する目標をたてていただいています

運動の効果を実感し
運動習慣を継続していただくためにも
なるべく具体的な目標設定が大事

歩きが楽になる→×
△○△公園まで15分で歩けるようにする→○

なんですが中々これが難しい…
元気なほど具体的な目標を立てることが
出来るのですが
体力の低下している方、そしてその自覚も無い方が
対象だったりするので
ようは元気になって3ヶ月前は体力なかったなぁ
という気づきが生まれるというのが現実
なのでまず今の日常生活動作を振り返って
記録をしていただいています

目標のなかでで多いのが
膝痛、腰痛など関節の痛み
があり日常不便なこともあるので
それを改善したいというもの

改善も5点満点でいうと
今1点か2点で5点満点、
まったく痛みが無くなって飛び跳ねたい
という方→これはとても少数派、
初めて教室に参加される男性に多いパターン

多くの方が3点か4点くらいを目標に立てます
痛みはありつつ体力レベルを落とさずに
お出かけもするけど無理はしない
という感じでしょうか

この3点、4点健康維持を考えたときに
絶妙にいいなぁと思うのです
このくらいの方は運動の継続率が高く
満足度も高い

3点、4点の健康維持はけっして
高齢者に限ったことではないと思います
腹八分目とはよく言ったものですね
3点、4点のゆとりをもてるかどうか…

今日のBeerは500mlじゃなくて350mlにしてみよう
というのとはちょっと違うかあせあせ(飛び散る汗)




posted by lovebeer at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2009年04月21日

すごいブログ

突然ですがご縁があって
3月と6月に理学療法士さんの勉強会の
お仕事をさせていただけることになりました

勉強会を主催されている理学療法士の
山本さんのブログがともかくすごいのですぴかぴか(新しい)
かなりまめに更新されているにもかかわらず
ものすごい濃い内容とボリューム
なかなか更新もままならないどこかの飲兵衛ブログ
とは大違いですたらーっ(汗)
もちろんお気に入り」登録にして
チェックさせてもらってます手(チョキ)

http://rensa.blog43.fc2.com/

ホントに色々な視点でカラダをみていらっしゃる
(感じてらっしゃる)ところがすごいexclamation
実際の山本さんは非常に気さくな方で
たくさん知識があるとむしろ頭って柔らかく
なっていくのかなぁ〜って感じです

そんなカラダのプロフェッショナルに乾杯ですビール



posted by lovebeer at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2008年10月24日

びょうきてんき

学生時代の友人が長く患っている
婦人科系の症状で手術入院をした。
前向きに症状と付き合っていた彼女
やはり身体は相当しんどかったんだな…

最近思うこと、病気と元気の境界って
どこなのかな?何の症状もないってことは
イコール健康なのかな?
病気は不幸とは違うんじゃぁないかな…
ってこと、

病気がきっかけで健康感が変わる

特に自分の係っている
高齢者対象の健康体操教室やボディーワーク
のセッションに訪れる人はほとんど
何らかの病や怪我が自分の身体というか
生き方を変えるきっかけになっていて
結果的にそれまでとはまた違った
「健康」を味わいながら
ぴかぴか(新しい)こざっぱりぴかぴか(新しい)と生きていらっしゃる
かたが多い気がします。

身体が不調なときの痛みや症状って
ホントにつらいことなんだけど
乗り越えたその先には今までの
自分では想像もつかないいいことがある!
と信じているのです手(グー)

体質ということをいえば
何もない人などいないはず
きっと症状に何かの決着をつけなきゃ
いけないときってあとから考えると
人生の転機になってることも少なくない
と思うのです

彼女の決断もきっと
長い人生の中でよい転機だったと
振り返ることのできる日が
なるべく早く来ますようにバー
posted by lovebeer at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2008年07月24日

0磁場に行ってきました

分杭峠の木々

梅雨も明けた先日の連休中
ご縁のある方のご依頼でワークショップ形式で
ロルフィングをさせていただくため
長野の長谷村というところにある
入野谷というところにいってきました。

まず感動したのがマクロビオティックを基調としたお食事レストラン玄米ってこんなにおいしく炊けるのか〜ハートたち(複数ハート)もちろんお野菜や川魚のお料理、そしてなんと言っても地ビール
ビールその名も気の里ビールは気場として有名な分杭峠のお水を使ったビールでまろやかかつフルーティーなお味揺れるハート地ビールは癖があって苦手という方でもおいしく飲めると思います手(チョキ)
http://www.nagano-mall.jp/list.cgi?id=G011300200003
こちらで購入できるようですね(入野谷より安い…)
機会があったらぜひお試し下さいexclamation

二日目は朝から0磁場ポイントであるいざ分杭峠へ

続きを読む
posted by lovebeer at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2007年12月12日

鎌倉紅葉ツアー

大銀杏

先日鎌倉へ紅葉を観に行ってきました♪
抜けるような青空で気温も高く絶好の紅葉日和でした。
平日だというのに結構な人手。
皆さん一眼レフ片手に写真を撮ったり
スケッチを楽しんだりるんるん
もみじのグラデーションや鮮やかな銀杏を
存分に堪能できました。
(画像は特に見事だった鶴岡八幡宮の大銀杏です)

日本の高齢化をあらわすかのごとく
シニア世代の方が多かったのですが
皆さん健脚手(グー)
すてきなところに行って思うのは、
楽しく歩くときに、年齢はあまり関係なくなるなーと
自然の中ではホントに多くのご年配ウォーカー
とお会いしますが、30代チームと殆ど変わらない
ペースで歩いてらっしゃる…
その場では抜かしたりするんだけど
結局ゴールでお会いするってことが
よくあります。
これってどういうことなのか???
畏るべし自然パワーですね。

この日はお仲間が用意してくれた
バースデーケーキで乾杯しました〜バースデー

みなさん、ありがとー


posted by lovebeer at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2007年10月31日

健康問答

健康問答

先日本屋で何気なく見つけた
「健康問答」は五木寛之さんと帯津良一先生の
健康に関する対話集。

最初からいきなり健康法は「これ一つ」ではダメ
(これさえやればうまくいく…は怪しい)
お水やお酒、ウォーキングや身体の歪み…がんの治療にいたるまで
自分の身体について、これをやらなければいけない、これはやらないほうがいい、やってはダメなどといわれるのがどうも苦手な自分にとっては目からウロコで最後まで読ませてもらいました。

毎日晩酌は(飲みすぎなければ)健康に良さそうるんるん
BEERはすこし常温にさらしてからが良いそうなので今日のビールは適温8〜10℃でいただきまーすぴかぴか(新しい)
posted by lovebeer at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康

2007年10月02日

大事なお口

今日から10月、明日の朝からは介護予防運動教室の新しいクールの始まりです。
初回はアンケート類がたくさんあって骨が折れるのですが、
これも参加者の身体状況把握には欠かせないもの。

心身の状況や生活能力などに関するものが主な中、
意外とたくさんの人がチェックしているのが
「口の渇き」や「よくむせる」など口腔に関する設問。
相当元気な人でもチェックがついてます

口の中の状況ってQOLに係わる大事なことなのですが
運動ほど積極的に取り組んでいる人は少ないですよね〜

そこで紹介したいのが高校の同級生
神林さんのブログ、
http://drymouth.blog85.fc2.com/
口腔ケアに関する最新情報満載です。
(ロルフィングの紹介もあります♪)

私もここの商品であるバイオティーンを愛用中。
健康なお口で今後末永〜く美味しいBeerをいただきまーすキスマークぴかぴか(新しい)
posted by lovebeer at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2007年09月08日

台風9号

台風9号の影響で午前中まで強い雨風…台風
午前中のS区の介護予防運動教室(虚弱高齢者の教室です)
の参加者は半分の6名。
(っていうか6名もよく来てくださいました)

一番最初に来場してきたのは
最高齢91才の女性、次が86才、、、
こちらのおばあちゃんというよりはお姉さん達は
ともかく元気手(グー)

いつまでも若くて元気で過ごせるコツの
ひとつってトクベツをあまり作らない。
毎日同じように過ごすことなんだなと…
雨が降ろうと風が吹こうと行く所にいって
やることをやる。
(これって簡単そうでなかなか難しそうです)

そんな行いが板についてるお二人の元気に
今日も乾杯ですビール
posted by lovebeer at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康