2013年03月14日

恐怖の木の芽どき

介護予防運動指導員にとって魔の季節
春がやってきましたあせあせ(飛び散る汗)

この「木の芽どき」とにかく
血圧が運動OK値にならないなど
体調が安定しない方が多いですバッド(下向き矢印)

最近はカラダが自然のままに調整している時期と思って
あまり数値など気にしないで気持ちの良いことだけやりましょうってことにしてます

というのも

先日参加した「禅的身体論」の講座より
生活しているカラダ(意識できる動きや感覚ってことかな)はホントに氷山の一角
その裾野で働いているカラダ(無意識で調整しているカラダ)は無限の広がりをを持っった大自然の事実なのです

バイタルチェックは大切だけど数値に囚われてしまいすぎるのは自分の身体だけを環境と切り離してしまうことになっちゃうのかなって思います
魚と水が切り離せないように
空気やら重力やらもひっくるめての「人」であり「身体」

気圧の変化のなかでうまくやってくれているカラダの働きに感謝しようではないすかexclamation

そんな訳で今日は焼酎の黒じょか直燗で乾杯ですビール



posted by lovebeer at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63707118
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック