2013年02月26日

キネスフィア

今日の午後は老人ホームでのお仕事
こちらの入所者の皆さんは大変熱心で
リハビリ体操へは毎回30名以上かたがの参加してくださいます手(チョキ)

老人ホームと地域の健康教室の最大の違い

前者ではなぜか座席は手すりがピッとくっつくくらい近くに設置されています
後者は運動指導員が座席設置をするのでたいてい運動時に接触のない程度の「空間」を設定します

今日の施設さんは参加人数が多いせいか毎回、隣同士ピタッ〜と密着
矢状面を使った動きのバリエーションが大分増えました(笑)

解剖学の用語に矢状面、水平面、前額面なんて言葉があります
(前後、上下、左右みたいな…)
これは身体のつくりにおいて可能な動きの方向で
この3Dの中でヒトの動きは定義できます

なんですが
ここで言いたいのは身体の作りの話ではなくて
そもそも横方向に四肢を動かす感覚があれば椅子をそんな風に置いたりしないのかなぁと
(運動指導員は結局自分の感覚でやってるところありますからね)

ここで言った動かす方向への「感覚」これがキネスフィアぴかぴか(新しい)

ロルファーは身体を見るときにこのキネスフィアの生き生きとした広がりを見たりしてます

たまごが先かにわとりが先か、
身体が動かなくなるから動かない方向の感覚がなくなるのか
身体を動かすことのできる方向にたいする感覚がなくなってくるから身体が動かなくなるのか

いずれにせよ
高齢者に「生き生きと動いていただきたい」と思ったら
このキネスフィアの問題はとっても大事っ
ボディーワーカーとしてはたとえ片麻痺があろうが神経難病があろうが
まずはどの方向へも動くことのできる可能性は作っておきたいのです

見た目の動きが小さくても
その人の意識が少しでもいろんな方向へ行けるように
動きや環境などを提供していきたいと思っておりますexclamation

キネスフィアについてロルファー仲間のyukiちゃんのブログ記事を合わせてご覧いただくと面白いですよわーい(嬉しい顔)

http://ameblo.jp/rolfer-yuki/entry-11085586674.html

どの世代にとってもこの「キネスフィア」大事ですね黒ハート


posted by lovebeer at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62939542
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック