2013年05月18日

Beer供養

ようやく軽く汗ばむ気候となり
本格的なBeerシーズンが始まりますね

そんな中、先日祖母96歳が胆のうがんのため逝去
お見送りのために別府いい気分(温泉)に行ってきました

葬儀には最後までお世話になっていた
老人ホームの職員の方も来てくださり
親族以上に別れを惜しんでくださいました
(遠くの親戚より近くの他人、そんな言葉が頭をよぎったりしてあせあせ(飛び散る汗)

告別式の最後、
出棺の時に職員の方が差し出されたのが
ぴかぴか(新しい)「缶ビール」ぴかぴか(新しい)

祖母は冷蔵に缶ビールを常備する
有名なBeer好きおばあちゃんだったらしいのですたらーっ(汗)

棺の中にはお花や四国八十八か所巡りの白衣と納経帳
そして最後に「缶ビール」を注いでお別れ
ようやく大好きなBeerが飲めた祖母のお顔は実に安らかでした

この自分のBeer好きは
家族はもちろんのこと、祖父、祖母
おじ、おば、いとこに至るまで
遺伝子レベルであることをあらためて再確認

通夜から精進落としまでに親戚一同で空けたBeerの量が凄まじいこと…
とにかくみんなで集まって美味しいものを囲んでBeerを飲むこが大好きだった故人を偲んでビール飲みまくり
赤くなったりましてや青くなったりする人間は一人もいませんあせあせ(飛び散る汗)

そして飲んべぇの強い見方が「温泉」いい気分(温泉)
全国有数の温泉地「別府温泉」のリセット力は半端なかったです
この皮膚を通して解毒される感覚、
身体が芯から温まって代謝が良くなる感じ
どれをとってもナンバーワンっexclamation
そういば別府の人は皆さんお肌が肌理細やかでキレイっかわいい
毎日この温泉に入れたら医者いらずなんじゃないかなぁなんて思ってしまいます

ステキな温泉地でBeerビールとともに生きた祖母のうらやましい人生に献杯です

posted by lovebeer at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2013年05月06日

心と身体の自然体

先日は
坐禅会でお世話になっている藤田一照さんと
ロルファー仲間の藤本靖さんのコラボ講座を受けに
フィットネスセッションへ行ってきました

「心と体の自然体をつくる」
と題されたこの講座では

自分の内側と外側のバランスの良いところ
=自己調整機能の働くところを
坐禅やボディーワーク的な介入を通して深めていきましたぴかぴか(新しい)

腑に落ちるところ満載な3時間でしたが
ボディーワーカー兼運動指導員の私としては

感覚神経への情報としての
Out-PutとIn-put
のトピックは目から鱗目

運動指導やセッションでは「何かすること」Out-Putを
たくさん与えることが「仕事」というのが多くのプロの認識
なのではないかと思うのですが

実はホントの仕事ってクライアントや参加者の
反応や動きをジャッジすることなく
待って、感じる…In-Putできるところに
プロとしての価値があるexclamation

前者が、強為(ごうい)強いて行う行為で
後者はまさに禅で目指すところの云為(うんい)
自ら為る自然のままの動作、身体の自然体に寄り添うというありかたではないかっexclamation

まずは
開眼(外からの感覚)と閉眼(内側の感覚)の中間
「半眼」で心地よく坐ることを通じて
自分の感覚のニュートラルを深めていこうと思いますわーい(嬉しい顔)


posted by lovebeer at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康