2013年03月29日

ありがとう

3/29(金)皆様今年度のお仕事締めくくりだったのではないでしょうか?

私も介護予防の集団レッスンは今日で今年度が終わりました手(パー)

最後の仕事は今年度から始まった老人ホームでの体操
各施設の利用者さんと楽しく体操させていただきながらも
運動指導員として色々な「気づき」をいただきましたぴかぴか(新しい)

午後の体操前、車椅子車椅子に乗った女性利用者の方がスーっと近づいてきて

「わたしは5年前に脳梗塞をやって左側がダメなんだけどいつも楽しく体操させてもらってます
普段ほとんど身体を動かさないんだけど身体を動かすのは大事ですね」

といって
膝の上のタオルに大切に包んだ「みかん」をくださいました
(年配の方のこういった何気ない所作はほんとに素敵ですぴかぴか(新しい)

三次予防(要介護認定を受けている方に対しての介護予防)
に関わりはじめてから今までに経験したことのないくらいたくさんの
「ありがとう」いただきました揺れるハート

この「ありがとう」はホントにかけがえにない財産
今や自分の「リソー」スになってますグッド(上向き矢印)

私も人生そろそろ折り返し
(うちは結構長生き家系なんですたらーっ(汗)
これからは「ありがとう」の気持ちは積極的に表現していかなきゃ!と思っております

「ありがとう」が世代や立場を超えて巡ってみんなが楽しくなれるといいな〜と願いつつ
今夜は小さ目の甘いミカンと白ワインで乾杯ですバー



posted by lovebeer at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年03月14日

恐怖の木の芽どき

介護予防運動指導員にとって魔の季節
春がやってきましたあせあせ(飛び散る汗)

この「木の芽どき」とにかく
血圧が運動OK値にならないなど
体調が安定しない方が多いですバッド(下向き矢印)

最近はカラダが自然のままに調整している時期と思って
あまり数値など気にしないで気持ちの良いことだけやりましょうってことにしてます

というのも

先日参加した「禅的身体論」の講座より
生活しているカラダ(意識できる動きや感覚ってことかな)はホントに氷山の一角
その裾野で働いているカラダ(無意識で調整しているカラダ)は無限の広がりをを持っった大自然の事実なのです

バイタルチェックは大切だけど数値に囚われてしまいすぎるのは自分の身体だけを環境と切り離してしまうことになっちゃうのかなって思います
魚と水が切り離せないように
空気やら重力やらもひっくるめての「人」であり「身体」

気圧の変化のなかでうまくやってくれているカラダの働きに感謝しようではないすかexclamation

そんな訳で今日は焼酎の黒じょか直燗で乾杯ですビール



posted by lovebeer at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年03月06日

最新鋭な「おじいちゃん」

ipad、ipad mini、電子書籍リーダー
どれもイマ喉から手が出るほど欲しい最新の機器ぴかぴか(新しい)

これらを初めて見たのはいずれも
介護予防通所リハビリテーションの現場なのです車椅子
しかもユーザーは利用者であるS井さん(82)
心不全をはじめとしたご本人いわく病気のデパートな方です病院

老人保健施設に所属してもっとも変わったのが
要介護認定を受けた高齢者のイメージ
身体状況などの面において他者のサポートが必要というところはありますが
どのかたも実にユニークな存在感をお持ちで周りをハッピーにしてくださいますハートたち(複数ハート)

いくつになっても、身体状況が変わっても
個々のリソースは失われないどころか死ぬまで進化し続けるものなんだなぁと実感猫

一般的に歳をとって周りを不幸にしているのが
「せっかち」ダッシュ(走り出すさま)
身体的に余裕がなくなるせい?
効率優先社会に生きてきたせい?
他の選択肢がない?

体調がすぐれず運動プログラムがあまりできない時でも
S井さんは優雅なフリック動作で読書を楽しまれています本

かといって自分の世界に閉じこもっているのとは正反対で
S井さんの周りのお席では、私などではついてゆけない社会派な話題で盛り上がっています手(グー)
(男性という社会的な生き物に惚れ直してしまう瞬間です)

そんなS井さんが所属されている「コンピューターおばあちゃんの会」

http://www.jijibaba.com/welcome/index.html

パソコンを使って孤立しないで仲間をたくさん作っていきましょうカラオケ
というコンセプトの元で様々な活動をされていらっしゃるようです

近代の機械化による身体活動の低下や精神的ストレスを低減させることが「健康運動」とされていますが
こんな自然発生的な会、人と人とのつながりをいつまでももてるための支援としての「健康運動」について考えていきたいなぁと思う今日この頃であります目






posted by lovebeer at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2013年03月01日

ビール工場へ行こう!

今日は仕事が終わりが15時@分倍河原だったのをいいことに
サントリー武蔵野工場行き最終のマイクロバスに乗り込んで
念願のビールができる過程を見に行ってきました〜ぴかぴか(新しい)

迎えのバスにはすでに見学を終えた中高年のグループがダッシュ(走り出すさま)

どうやらとても人気の工場見学らしく、
当日は入れるのはラッキーとのことでしたるんるん
(バスに乗る前に一応電話連絡入れました)

バスを降りたってまず目に付いたのが
女性職員の方がカッコよくフォークリフトを操縦して
トラックのドライバーとやり取りしているお姿揺れるハート
ちなみにビールを作る過程はかなりオートメーション化されていて
中では人にしかできない精密かつ繊細なテイスティングのような
お仕事を男性がなされている様子でした

個人的にはけっこう男女の特性を生かした健全な働き方がなされているのではないかと、好印象(笑)

工場見学の中で「最初から最後まで一貫して伝わってきたのが
飲料メーカーとしての起業理念
「水と生きる」ぴかぴか(新しい)
見学の中では水を育む環境づくりとして
天然水の森を育てる活動から工場内で出たゴミを35種類に分割して100%再資源化していることなども紹介されます。案内してくださったお姉さんの素敵な制服(ビール色w)もペットボトルからの再生品だそうですブティック

@整麦→A仕込み→B発酵→C貯酒→Dろ過→E缶・樽詰
の工程を追って見学していくのですが
その中では模型やライブ画像が効果的に使われています

他にも麦をカジったりアロマホップの香りを嗅いだり
仕込中の高温沸騰中の麦汁、低温熟成と
まさに「五感を刺激する」ツアーでしたっわーい(嬉しい顔)

そしてなんといっても締めくくりは「味覚」ビール
丁寧に丁寧に作られたビールがいよいよ喉を潤す瞬間っ
最高のシアワセです揺れるハート

ここでも美味しいビールの入れ方やビールサーバーのお話など
最後まで最高の形で飲める情報満載でした

今日教わったおいしい家飲みBeerの入れ方ですハートたち(複数ハート)
@ビールグラスは拭かない
(フキンの繊維がグラスに付着すると泡立ちが悪くなります)
Aビールグラスを冷やす
B最初に勢いよく注ぎ泡立てる(グラスは傾けない)
C上面の粗い泡が消えるのを待ってグラスをななめ45°に傾けてゆっくり注ぐ

このサイトを印刷、もしくはスマホで掲示すると
試飲の時にオリジナルビールグラスがもらえますよ〜
http://www.suntory.co.jp/factory/musashino/yutai/index.html

一緒に廻った女性2人組は、すでに横浜生麦を回った後で
後は南足柄で三大ビールメーカー制覇ですと意気込んでおられましたダッシュ(走り出すさま)

試飲も終わり最後の最後に展示してあったのが
大国魂神社に奉納されたという神輿ぴかぴか(新しい)
すべてリサイクルでできているとのことです手(グー)
府中の人はホントにお祭りを大事にしているんですね〜耳

そんな地域に溶け込んだ企業活動にココロより乾杯いたします(拝)




posted by lovebeer at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒